中小企業のIT化をお手伝い


IT経営って?

中小企業の経営IT化が遅れていると言われています。「経営のIT化」って何でしょう。「これからはIT経営」って言われても漠然としてよくわかりませんよね。そのくせ人を焦らせる雰囲気を持った言葉です。

恐れるなかれ

でも実は自分の仕事にグッと引きつけて考えれば難しいことはありません。パソコンでできることとできないことが分かってから自分の仕事を見直してみると、「ああなんだココってパソコンを使えばこんなに簡単になるのか」とか「二度手間、三度手間が一度で済む」なんていうところを次々に発見して嬉しくなってくるはずです。これでもう、部下を叱らなくていいし、客に謝らなくていいし、という具合です。

ビジョンを持て

そして次に必要なのはビジョンです。「また難しいことを持ち出して」と言われそうですが、パソコンやIT機器でできることは無限です。でもその分お金もかかります。ですから、これから仕事の流れをどうして行きたいかを考え、そのビジョンに合わせるにはどんなIT化をすればいいかというプランを立てないと、どこから手をつけていいか分かりません。

やれることから

そんなことも視野に入れながら、まずはパソコンやインターネットでできることを学んでいくことで、ITのセンスを身につけることをお勧めします。自然と見えてくるものがあるはずです。

また、経営者ひとりだけでなく、社員ひとりひとりのデジタルスキルを磨き、みんなで力を合わせてIT化に取り組むことで、ひとりで悩むよりもずっと大きな相乗効果が生まれるのではないでしょうか。社員の力で会社を変えようとすることほど強いことはありません。
たとえば…

  • データベース構築力
  • エクセル自由自在力
  • パワポでプレゼン力
  • ネットで情報発信力
  • 情報漏えいの防御力

現場で学ぶ

とはいえ忙しいし、わざわざパソコン教室に通うのも面倒というお気持ちは分かります。そこで実用IT塾では、オフィスに講師を派遣します。空いた時間に自社のパソコンで学べば、教室と自分のパソコンでは操作が違ったということもありませんし、行き帰りの時間も節約できます。

職場では落ち着かないとおっしゃる方は、会社帰りにでも教室にお立ち寄りください。気兼ねなくゆっくりやりましょう。

基本はマンツーマン学習ですが、ご要望により企業研修(集合学習)も請け負います。


  実用じっくりコースをご検討ください。相談無料、担当が説明にうかがいます。